Article Page

yuichi
  • Staff
配達パートナーの気になる収入は実際どのくらい?報酬の計算方法まとめ
配達パートナーの気になる収入は実際どのくらい?
forapp

Uber Eats配達パートナー(配達員)は実際のところどのくらい稼いでいるのか気になるところです。配達の仕事についてざっくりと収入面をまとめてみました。

なお、配達パートナーはアルバイトや社員ではないので、支払われるのは「給料」ではなく「報酬」となります。税金や社会保険などで違いがあります。

配達パートナーってどんな仕事?実際の仕事はどうやって進めるの?という方はこちらの記事をお読みください。

当サイトから新たに配達パートナーに登録された方に、招待ボーナス5000円プレゼントのキャンペーンを実施しています。

詳しくはキャンペーンページをご覧ください!

どのくらい稼げるのか

Uber Eatsは1回ずつの配達で報酬が決まるので、何時間働いたらいくらもらえる、というのは決まってません。

報酬額を働いた時間で割って時給換算にすると、だいたい1時間で1000円くらいは安定して稼げます。

1日中ガッツリ稼動すると1万~2万円くらい、副業で仕事終わりや合間の数時間だと2千~4千円くらい稼げるイメージです。

これほど大きく稼げる金額に差があるのは2つの理由があります。

東京>大阪>>その他の都市

地域によってだいぶ稼ぎやすさに差があります。

やはり都会ほどUber Eatsが浸透していて、加盟店の数が多く、注文する人も多いので稼ぎやすいです。

福岡や名古屋はサービスが後発ということもあり、鳴らない時間があったり、東京や大阪ほど効率よくは稼げません

今後サービス範囲が広がったり、Uber Eatsの知名度が上がることで、地域間の差は縮まっていくのではないでしょうか。

もうひとつの理由としては、時給制ではなく完全出来高制なので、個人のスキルや車両のスペックが効率に大きく影響することです。

自転車を漕ぐ体力や、地図を頭の中で把握できているかによって配達スピードは大きく変わります。車両はママチャリよりもクロスバイクの方が有利だし、バイクだと原付より原付二種の方が有利です。

慣れないうちは時給1000円以下になってしまうこともありますが、ベテランになると時給2000円以上稼ぐ人もいます!

具体的な報酬体系

Uber Eatsの報酬は1配達ごとの金額が固定されているわけではなく、内容によって常に変動します。

具体的にはこのような計算になります。

基本料金(受取+受渡+距離) × ブースト - 手数料 + インセンティブ

1配達あたりの報酬は配達先までの距離によって金額が変わります。感覚的に、短距離だと400~500円くらい、長距離だと500~600円ほどになります。

インセンティブにはブーストクエストがあり、レストランのエリアや時間帯などによって報酬が増額するシステムです。忙しい時ほど稼げるのは嬉しいですね!

基本料金

受け取り料金
受け渡し料金
距離料金

基本料金はこの3つで決まります。レストランで商品をピックアップした料金、商品を注文者にお届けした料金は地域によって固定されています。

そしてレストランから注文者までの距離に応じて料金が変動します。がんばって遠くまでいくほどたくさん稼げます。

わざと遠回りしたり、配達先と違う場所で配達完了して不正に距離料金を稼ぐのはNGです!違反行為としてアカウント停止になるので絶対やめましょう。

都市ごとの基本料金は以下のようになっています。

関東 神奈川 西日本
受取料金 265円 250円 215円
受渡料金 125円 120円 105円
距離料金 60円/km 60円/km 60円/km
手数料 10% 10% 10%
関東:東京、埼玉、千葉
神奈川:横浜、川崎
西日本:大阪、京都、神戸、名古屋、福岡

2019年6月24日より、横浜や西日本エリアの配送料金、Uber手数料が見直され、基本料金が上がってブーストの影響を受けにくくなっています。

2019年11月29日より、東京の料金形態も変更され、他の都市とほぼ同じ水準になりました。以前に比べると距離料金が下がったことでロングの報酬が稼ぎにくくなっています。

インセンティブ

通常の報酬とは別に、インセンティブで追加報酬をゲットすることができます。(アプリ上では「プロモーション」と表示されます。)

インセンティブは主にブーストとクエストがあります。ピーク料金もインセンティブの一種といえるでしょう。

インセンティブを受けるのにエントリーなど手続きは必要なく、期間中に配達を行えば自動的に適用されます。クエストは発生する前日までにメールで通知が来て、アプリで回数や金額をチェックすることができます。

よくあるクエストは、配達員の間では「日またぎインセ」「土日インセ」「雨インセ」などと呼ばれています。

ブースト

ブーストとは注文の多い時間帯やエリアの配達報酬が上がるシステムです。

アプリの画面にエリアごとのブースト倍率が表示されて、どこが稼ぎやすいのかを確認することができます。

※ブーストは本登録が完了して1週間ほど経つと表示されるようになります。

基本的にブーストは毎日発生します。ランチタイムやディナータイムはブースト倍率が上がり、平日よりも休日の方がブースト倍率が高いです。

効率よく稼ぐためには、ブーストが高いランチやディナーのピークタイムに集中して稼動するのがポイントとなります。倍率が高いエリアやは事前にチェックしておきましょう。

クエスト

クエスト(回数インセンティブ)は、一定期間の配達回数に応じて支払われる追加報酬です。期間は数時間の場合もあれば、数日間の場合もあります。

週末や悪天候時のような注文が多く見込まれる場合は発生しやすいですが、必ずしも全員同じように発生するとは限りません

配達距離に関係なく回数のみがカウントされるため、短時間で短距離の配達をこなすと効率よく達成することができます。距離の短い配達は基本料金が低くなってしまいますが、それよりもクエストをこなした方がトータルの報酬は高くなることが多いです。

配達回数を稼ぐには、配達距離の短く・注文が多い店を知っておくといいでしょう。マクドナルドはその傾向があり、クエストをこなすのに重宝されています。

意外な盲点ですが、お店で料理を作るのを待たされてしまうことがあります。配達回数を重視している時は、お店の良し悪しも見極める必要があります。

ピーク料金

2019年8月15日より、大阪、兵庫、神奈川でピーク料金が導入されました。さらに2019年12月12日には、東京、埼玉、千葉、京都、愛知、福岡に対象が拡がり、全国どこの都市でもピークが発生するようになりました。

ランチタイムやディナータイム、悪天候時など、注文の増加が予想される場合にヒートマップが発生します。ピーク料金は地図上で赤色の表示がされ、だいたい100円~200円ほどの追加報酬がもらえます。運が良ければ300円以上も・・・!

現在地とレストランのピーク料金のうち高い方の金額が適用されるので、ピーク料金が高いエリアで待機すると効率が良いです。

もちろん他のインセンティブと併用することが可能で、ピーク、クエスト、ブーストがすべていい条件で揃えば一気に稼ぐことができます。1配達ごとにピーク報酬が追加されるのが嬉しいところです。

支払いスケジュール

Uber Eatsの配達報酬は週に1回支払われます。月曜日の4時が締め日となっており、翌週の火曜日以降に入金されます。

海外からの送金なので数日遅れる場合があります。特に月曜日が祝日だったり、長期連休だと1~2日遅れることがあるので覚えておきたいです。

ちなみに、現金配達を受け付けると即座に報酬を受取ることができます。(ただし商品代金と報酬の差額はUberに返金しなくてはいけないので使いすぎには注意です。)

税金や社会保険

Uber Eatsは正社員やアルバイトといった雇用形態ではないため、税金や社会保険の天引きがありません

総支給が手取りになるなんて夢のようだ!と思う人もいるかもしれませんが、丸っと全部収入になるわけではないので注意です。

業務委託となるため、自分で確定申告して所得税を納める必要があります。

関連記事

2020-04-05 23:17
public