Article Page

yuichi
  • Staff
レンタル自転車・バイクのUber専用プランの申し込み方法
レンタル自転車・バイクの申し込み方法
forapp

Uber Eatsの配達をするには自転車か原付バイクが必要ですが、自分で持っていない場合はレンタルが可能です。

Uber Eats特別プランでは、月額4,000〜16,000円で定額で借りられます。

このページではドコモバイクシェア ・COGICOGI・帝都産業のUber Eats専用プランの申込方法を説明しています。

このページを読む前に、自分のいるエリアでどのレンタルサービスが利用できるのか確認しておきましょう。

ちなみにぼくはドコモバイクシェアにしました。借りるのも返すのもそこら中にあるポートでSuicaワンタッチなので、とても使い勝手はいいです。

ポイントは借りたポートにかかわらずどのポートに返却してもいいことです。本当に便利。

ドコモバイクシェア

▼公式サイト

料金:月額定額4,000円

配達員から「赤チャリ」の愛称で親しまれている電動アシスト付きの自転車です。

多数のポートがあり、好きなポートで借りて好きなポートに返却することができます。借りたポートに返さなくてもいいのです。これはかなり便利。

以前は月4000円で乗り放題だったんですが、今は1回の利用が4時間までになりました。4時間を超えると30分100円の追加料金がかかります。

一度返却すればリセットされるので追加料金なしで1日中使うこともできます。乗り換えの手間が必要なのはちょっと面倒です。

月額料金の申し込み月は日割りです。たとえば31日に申し込めば初月の料金は4,000÷31=129円ですね。

こちらは東京のポートマップです。かなりたくさんあります。

申し込み方法

※申し込む前に、Uber Eatsパートナーセンターで案内パンフレットを受け取ってください。もしそのパンフレットと以下の説明に食い違いがある場合はパンフレットを優先してください。

申し込みURLはこちらです。(以下の注意点を読んでから登録に進んでください。)

登録手順と注意点

ユーザーIDの先頭に「UBER」をつける
会員証(ICカード)登録は「なし」を選択
プランは「1回会員」を選択
UBER専用月額プランへの切り替え申請

ユーザーID作成時は、必ず大文字の「UBER」を先頭につけます。(例:UBERtaro)

UBER専用月額プランの適用は申し込みの翌日からとなります。なので最初から月額会員で登録してしまうと、1日分の月額基本料(日割り)を取られてしまいます。1回会員なら基本料は無料なので、心配ありません。

登録できたら、ドコモバイクシェアにメールでUBER専用月額プランへの切り替えを申請します。宛先はパートナーセンターで受け取った案内をご覧ください。

メールには登録ID(UBER〜の形になっていることを確認)を書くことを忘れずに、UBER専用月額プランへの切り替え申請だということを書けばOKです。

これで、当日〜翌日に返信がくれば、その翌日から定額で利用を開始できます。

シェアサイクルCOGICOGI

▼公式サイト

料金:月額定額4,000円

ドコモバイクシェアと異なり、1人1台、自分専用の自転車をレンタルというかたちになります。

そしてその自転車はCOGICOGIのポートに置いておけます。つまり自転車1台のレンタル+駐輪場の契約がセットになっているかんじですね。

ドコモバイクシェアと比べポートが少ない上、前回返したポートに行かないと自転車に乗れません。しかし稼働場所が決まっているなどであれば、あまり問題はないように思います。

申し込み方法

COGICOGI SMART! アプリをダウンロード
アプリを起動し、招待コード「ubereats」を入力
申込フォームが送られてくるので、入力すれば完了

帝都産業(自転車)

▼公式サイト

料金:月額定額10,000円

最もシンプルな、「自転車を自宅に借りておく」スタイルです。自宅まで自転車を運んでくれるとのこと。

また、対人・対物保険が付属しているほかメンテナスサービスもあるようです。

申し込み方法

UBER専用プラン申込フォームから申し込みます。

申し込むと連絡がくるので、あとはメールや電話でのやりとりになります。

Uber Eats 配達パートナー限定で、電動アシストスポーツバイク YPJのレンタルサービスもあります。

帝都産業(バイク)

▼公式サイト

料金:月額定額16,000円〜

なのですが、Uber配達員に限り、2000円引きの対応をしてくれるようです!

詳しくはこちらのたけさんのツイートをご覧ください。(ぼくもフォローさせてもらっているベテラン配達員の方です)

▶たけさんのツイート

「たけさんのTwitterをみた」と言ってもらえればOKとのことです。

自転車同様、最もシンプルな、「バイクを自宅に借りておく」スタイルです。こちらも自宅までバイクを運んでくれます。

また、対人・対物保険が・メンテナスサービスのほか、デリバリーボックスなどの備品もあるようです。

申し込み方法

こちらのUBER専用プラン申込フォームから申し込みます。

関連記事

2020-03-20 01:19
public