Article Page

yuichi
  • Staff
関西エリア(大阪・京都・神戸)のパートナーセンターとレンタル自転車
関西エリア(大阪・京都・神戸)の各情報
forapp

Uber Eatsの関西エリア(大阪・京都・神戸)での、配達員になるためのガイド、配達員になった後のアドバイスなどをまとめました。

Uber Eatsは2016年9月より東京でスタートし、関西では2018年4月の大阪を皮切りに、7月には京都と神戸でスタートしました。

大阪は東京に次いでUber Eatsの人気があるエリアで、現金配達やピーク料金がいち早く導入されています。

サービスエリア

Uber Eatsは決められたサービスエリア内でのみ注文が可能です。つまり、配達の仕事でリクエストを取るにはこの範囲内に行く必要があります。

関西では大阪を中心にかなり広い地域で使えるようになっていてますが、どこでもUber Eatsが使えるというわけではありません

それぞれの現在のサービスエリアを紹介します。

大阪市内24区全てがサービスエリアになり、さらに豊中市・吹田市・東大阪市・八尾市でも利用可能です。

2020年4月1日に大きく拡大され、堺市、松原市、藤井寺市、高石市もサービスエリアになりました。

京都は上京区・中京区・下京区・東山区・左京区・右京区・北区・南区で利用可能です。

神戸市の中央区・兵庫区・灘区・長田区・須磨区・東灘区で使える他、芦屋市、西宮市、尼崎市もサービスエリアとなっています。

▼タブ選択で都市を切り替えられます

全国版のサービスエリアはこちら

パートナーセンター

Uber Eatsの配達パートナーへの登録は、Web登録→パートナーセンターでの本登録という手順になります。

パートナーセンターでは登録車両の切り替えや、サポート業務も行っているので、登録後も足を運ぶ機会があります。

大阪のパートナーセンター淀屋橋にあります。

以前は心斎橋にありましたが、2019年7月2日に移転しています。

祝日・祭日は全国のパートナーセンターが休業しているので注意してください。

パートナーセンター大阪

住所:大阪市中央区伏見町4丁目2-14 WAKITA藤村御堂筋ビル1F

最寄駅:淀屋橋

営業日:月・火・水・木・金・土・日

営業時間:12:00~19:00

京都のパートナーセンターは、五条駅から徒歩1分のところにあります。

2019年9月3日に移転しています。

祝日・祭日は全国のパートナーセンターが休業しているので注意してください。

パートナーセンター京都

住所:京都市下京区大坂町383-6 MILLEY烏丸五条ビル 2F

最寄駅:五条

営業日:火・水・木・金・土

営業時間:12:00~19:00

神戸のパートナーセンターはJR・阪神 元町駅から徒歩3分です。

2019年6月1日に三宮から移転しています。

祝日・祭日は全国のパートナーセンターが休業しているので注意してください。

パートナーセンター神戸

住所:神戸市中央区元町通2-3-2 ジェムビル2F C-1 JEC日本研修センター神戸元町

最寄駅:元町

営業日:木・金・土

営業時間:12:00~19:00

▼タブ選択で都市を切り替えられます。

2020年3月30日より、パートナーセンターの営業が休止してしまいました。

コロナウイルスの影響によるものなので、営業再開の時期は未定です。再開時期がわかりましたらこちらの記事でもお知らせします。

新規登録のために配達バッグを直接取りに行くことはできませんが、郵送で受け取ることができるため、登録自体は可能です。

サポートが必要な場合、専用サイトから電話サポートを予約することが可能です。

レンタル自転車

配達には自転車か原付バイクが必要です。

持っていない方は、レンタサイクル・シェアサイクルサービスを利用しましょう。

ドコモバイクシェア、帝都産業から、Uber専用の月額プランで電動アシスト自転車を利用できます。

月額4000円で利用可能。

ポート数が多く、好きなポートで借りて別のポートに返すこともできます。

自由度が高く使い勝手がいいですが、借りたい時に車両が空いてない・充電が少ない場合があります。

▶ドコモ・バイクシェアサービス

月額10000円で利用可能。

ポートで借りる形式ではなく、自宅にレンタル車両を届けてくれます。種類も選べて性能が高いです。

帝都産業では原付バイクのレンタルも行っています。

▶帝都産業 電動アシスト自転車レンタル

京都ではUber Eats専用の車両レンタルサービスが現在ない状況です。

調べてみたところ PiPPAというレンタル自転車サービスがあります。

ただ月額会員(1500円/月)でも30分の運転を超えると追加チャージ(30分100円)がかかってしまうらしく、配達で利用するには厳しいです。

新設された京都法人プランであれば、10時間まで延長料金なしで使えるようで、Uber Eats向けといえそうです。

▶PiPPA(ピッパ)自転車シェアサービス

神戸でも今のところはUber専用レンタルサービスはありません。

調べたところ Kobe Linkle(コウベリンクル)が今のところはいいかな?と思います。

ドコモバイクシェアと同様、借りた場所に関わらず神戸市内10箇所のポートのどれにでもにいつでも返却してOKなシステムとなっています。車両もドコモバイクシェアと同じものですね。

料金 は1日レンタルで500円なので、ぎりぎり配達に使えるレベルですね。

▶神戸コミュニティサイクル こうべリンクル

▼タブ選択で都市を切り替えられます。

稼動開始のアドバイス

パートナーセンターで登録を完了し、その足で稼働開始する場合のアドバイスです。

最近は配達バッグの品薄が続いており、即日の稼働開始ができない場合があります。こればかりは行ってみないとわからないです。

実際の配達のやり方はこちらにまとめてあります。事前に目を通しておくと迷わずできると思います。

パートナーセンターで登録を済ませ、配達バッグの在庫があれば、即日稼働できます。

パートナーセンターの営業時間は12時〜19時で、登録には30分~1時間ほどかかります。つまり最速で13時頃から稼働することができます。

ランチのピークタイムは逃してしまいますが、初日は手順の確認の意味でもゆっくり始めた方がいいでしょう。

神戸のパートナーセンターは 木・金・土しかやっていません。営業日が少ないので、事前にチェックしてから行くことをオススメします。また、祝日は全国的にパートナーセンターは休業日となっています。

大阪のパートナーセンターは毎日営業しているので、状況に応じてそちらを利用するといいでしょう。稼働する都市にかかわらず、どこのパートナーセンターでも登録できます。

パートナーセンターで一通りの説明を受けることはできますが、それだけで実際に配達ができるのか不安な人も多いと思います。

Uber Eatsに関する一通りのことはパートナーガイドに載っているので、一度目を通しておくといいでしょう。

初日はブーストやクエストといったインセンティブが発生しません。Uber Eatsでガッツリ稼ぐにはこれらが不可欠なので、かなり効率が落ちてしまいます。

練習程度に数回配達するだけならともかく、フル稼働してしまうとけっこうロスが大きくなってしまいます。

登録完了から数日でブーストやクエストが付くようになるので、効率よくやるならそれまで待った方がいいです。

Uber Eatsは毎回すんなりと配達が終わるとは限りません。

例えば、配達先がわからない、注文者が見つからない、料理をこぼしてしまった、などなど。

事前に対策法を覚えておけば、いざトラブルに直面しても焦らずに済みます

こちらのトラブル対策の記事をまとめてあります。

関連記事

2020-04-03 02:06
public