Amazon Flexで実際に配送する流れ

おおまかな配送の手順はこんな感じです。それぞれのステップについて説明していきます。

ーーー

自分の都合に合わせてブロックを選択し、オファーを受けます。

ブロック開始10分前までに配送センターに到着し、アプリのQRコードを使ってチェックインします。

ーーー

配達ルートの荷物のかごを取り、配送する荷物のQRコードを読み取って車に積み込みます。

ここでランダムになっている荷物を軽く仕分け、通し番号の順番を意識して積み込むと荷下ろしがスムーズにできます。

配送センターを出て荷物を配送します。指定分の配送が終わったらブロック終了時間までにセンターに戻りましょう。

時間指定の荷物がある場合は優先的に運びましょう。未配の荷物がある場合でも、ブロック終了時間までには必ずセンターに戻ってください。

その他注意すること

届け先が不在の場合、相手方と連絡を取って再配達するなどして、なるべくすべての荷物を届けるよう心がけましょう。

未配の荷物が残っているのに終了時間より前に帰ってしまったり、相手方に許可を取らずに荷物を置いてきてしまったりすると、アカウントを停止されるおそれがあります。

荷物の積み下ろしの時間もあり、路上駐車していると駐禁を切られることも多々あります。

その場合の罰金は自腹で払わなければいけません。

可能な限り届け先の敷地内に駐車し、それができない場合は手間を惜しまず駐車場を利用しましょう。

時間指定の荷物があるときはそちらを優先して配送するよう工夫しましょう。

遅配はもちろんですが、予定時刻より早く配達してしまうのもNGです。

時間はきっちりと守って配送することが大切です。

forapp
amazonflex-intro
6
実際のやり方
publicstatus
team