DIAqでお仕事するための条件・必要なものは?実際どんな人に向いている・向いていない?

登録はスマートフォンのアプリから。運送方法は自動車・バイク・自動車から選ぶことができます(軽自動車と125cc以上の普通自動二輪は運輸局への届け出が必要となります)。

条件

説明(あれば)

現在サービスがおこなわれているのは上記のエリアのみ。

現在サービスがおこなわれているのは上記のエリアのみ。

必要なもの

自動車、バイク、自転車のいずれかから選べます(自動車と125cc超のバイクは届け出が必要)。

iphoneとandroidのどちらでもアプリのダウンロードが可能。

自動車を使って配送する場合、重量物を運ぶ時もあるので台車が必要です。

あったほうがいいもの

地図アプリと併用するとデータ量をたくさん消費するので、ポケットWi-Fiがあるとよいです。

服装の指定はありませんが、動きやすい服装と靴で稼働するほうがよいでしょう。

向いている人

長距離よりも都心での依頼が多いので、普段から都内で運転移動している人のほうが土地勘を活かして効率的に働けます。

案件数が限られているので、DIAqだけで収入を安定させるのは難しいです。ほかの配送サービスでのお仕事と兼用して、より多くの案件をこなしたいという人に向いています。

お客様から預かる荷物に汚損などがないよう、責任感をもって配送しましょう。

向いていない人

ダイヤクは上記3つの車両での運送サービスなので、少なくともどれかひとつを(自動車なら免許も)持っている必要があります。

現在サービスに対応しているのは都内23区・横浜市内・大阪市内のみです。ガソリン代は自腹になるので、ドライバーとして働くなら対象エリアの近くに住んでいることが望ましいです。

forapp
diaq-intro
2
条件・必要なもの・向いている人
publicstatus
public