DIAqで実際どのくらい稼げる?稼ぎやすい・稼ぎにくい人の特徴は?

このページでは、実際の収入についてまとめています。報酬の目安、支払いシステム、稼ぎやすい人・稼ぎにくい人のタイプを紹介しています。

働いている人のモデルケースも紹介しているので、参考にしてください。

振込のタイミング 自動振込(月末日締めの翌月15日払い)。
手数料 仲介手数料20%、振込手数料は自己負担。

つまり、アプリをインストールして働いてから最短で15日ほどで報酬を受け取れます。

こんな人は稼ぎやすい

以下に、DIAqで稼ぎやすい人の例を紹介しています。

DIAqは東京23区に対応していますが、その中でも配送依頼は都心部に集中しており、都心を外れると案件が激減します。

また、時間帯としてはに配送依頼がとくに多いです。

そのため、都心部で午前中に待機できれば案件をとりやすく、より稼ぎやすくなります。

その都度別の荷主からのオファーを探して承認を待つやり方もありますが、同じ荷主から定期的に配送依頼をもらえるようになると、高めの報酬が安定して入ってくるようになります。

こんな人は稼ぎにくい

以下に、DIAqで稼ぎにくい人の例を紹介しています。

現在DIAqのドライバーの数は増えていますが、荷主からのオファーの量は変動していません。

そのためひとりのドライバーが獲得できる案件量が少なく、他の軽貨物配送マッチングサービスと比較すると稼ぎにくいのが現状です。

収入のモデルケース

案件によりさまざま

Fさんは1年半前にDIAqのアプリを使い始めました。当時は固定の荷主からの依頼を週に3回引き受けていたそうです。

定期的な依頼を受け、週に3回稼働していました。(Fさん)

DIAqで定期的に同じ荷主からの案件を受けていたときは、週に3回の稼働で、ひと月20万円ほどの報酬を得ていました。

同じ案件を1年ほど継続して受け続けていたので、コンスタントな収入になっていました。

その依頼が終わってからは、より案件数の多いほかの配送マッチングサービスをメインに使っていますが、案件数が増えたらまたDIAqで稼働したいです。

forapp
diaq-intro
3
どのくらい稼げる?
publicstatus
public