やってみてわかった。サグーワークスのいいところ・よくないところ

サグーワークスのおすすめする点とそうではない点をピックアップしてみました。

サグーワークスのいいところ

サグーワークスのお仕事はPCがあればどこでも取り組むことができ、完全在宅ワークが可能です。 ワーカーとしての登録もブラウザ上で完結し、面接や登録会に出向く必要がありません。 さらに顔写真や本名を公開せずに働けるので、自分のプロフィールを公開することに抵抗がある人でも大丈夫です。

サグーワークスへのワーカー登録は非常に簡単です。 ブラウザ上からメール認証をして、簡単な個人情報を入力するだけでワーカー登録が完了します。 面接などのステップがないだけでなく、本人確認書類を提出したり自己PR文を書いたりといった手間も必要ありません。

サグーワークスのお仕事で得たサグーポイントは現金もしくはドットマネーに交換できます。 現金化する場合、1,000円以上貯まったらいつでも換金申請ができます。 申請から現金が振り込まれるまでの期間も2~3日ほどとスムーズなので、稼働分の報酬を長く待たずに手に入れやすいです。

サグーワークスのよくないところ

サグーワークスでは、プラチナライター認定を受けない限り、選べる案件数じたいが少ないです。 テキスト作成案件では、たとえば「〇〇県の街の紹介」「特定のビルの説明記事」など知識がないと書きにくいものがほとんどです。 そのため作業しようと思っても、実質的に対応できる案件がない可能性もあります。

サグーワークスのアプリはなく、スマートフォンは推奨環境外とされています。 実際にPCブラウザ版でないと作業がしにくい仕様なので、PCを使うことが望ましいです。 そのためスマートフォンから手軽に受注したい人や、出先で短時間だけ作業したい人には不向きです。

サグーワークスのタスク案件の単価は低く、目安としては一件当たり数円から高いものでも数百円ほどです。 そして単価が高いものほど分量が多くなるため作業時間も長くなります。 そのため、普通のアルバイトと同じように月収にして数万稼ぎたい場合、たくさんの案件をこなして報酬を積み重ねていくことが必要になります。 しかし案件自体の少なさからなかなか難しいのが現状です。

forapp
sagooo-intro
5
いいところ・よくないところ
publicstatus
public