シュフティで実際どのくらい稼げる?稼ぎやすい・稼ぎにくい人の特徴は?

このページでは、実際の収入についてまとめています。報酬の目安、支払いシステム、稼ぎやすい人・稼ぎにくい人のタイプを紹介しています。

働いている人のモデルケースも紹介しているので、参考にしてください。

振込のタイミング 申請式。週ごとの申請期限(毎週火曜日のAM6:59 )までに申請すると、その時点までの報酬が1~2営業日中に振込まれます(報酬の合計が541円以上であることが条件)。
手数料 システム手数料(報酬の10%)+振込手数料540円

つまり、アプリをインストールして働いてから最短で申請翌日に報酬を受け取れます。(週ごとの申請期限までに振込申請した場合)

こんな人は稼ぎやすい

以下に、シュフティで稼ぎやすい人の例を紹介しています。

シュフティの案件は応募なしで短い文章を書くタスク案件と、受注先からの選考があるプロジェクト案件のふたつに分かれています。

タスク案件は単価そのものは低いのでメインの収入源にするには不向きですが、空いた時間に数をこなして報酬を積み重ねていけるので、お小遣い稼ぎにはぴったりです。

シュフティでは週に一度報酬の振込申請ができます。

さらに振込申請をしてから実際に振込が完了されるのも、1~2営業日中と早めです。

稼いだお金が入ってくるのを待たなくてもいいところがメリットです。

こんな人は稼ぎにくい

以下に、シュフティで稼ぎにくい人の例を紹介しています。

初心者は、どうしてもスキルが不要なタスク案件から始めることになり、データ入力や簡単な記事作成の仕事しか選択肢がないため、見込める報酬は少なくなります。

プロジェクト案件は過去の実績が発注の判断材料にされるので、実績を積むほど受注しやすくなり、やりたい仕事をとりやすくなる=稼ぎやすくなっていきます。

収入のモデルケース

案件によってさまざま

子育てと両立してシュフティを2年続けているYさんは月々5〜7万円の収入を得ているそうです!

現在、シュフティ歴は2年目になり、タスク実績は500件以上(承認率96%)、プロジェクト実績は120件ほど、評価は星5をキープしています。

私は主婦なので家事、育児と兼業しなければなりません。

本音は、ずーっと執筆をしていたいというところですが、それは難しいことなので時間を決めて行うように心がけていますよ!

forapp
shufti-intro
3
どのくらい稼げる?
publicstatus
public