やってみてわかった。スキマワークスのいいところ・よくないところ

スキマワークスのおすすめする点とそうではない点をピックアップしてみました。

スキマワークスのいいところ

飲食店でアルバイトをするとき、普通は履歴書を提出したり面接をしたりという手間が必要になります。 しかしスキマワークスは単発専門サービスで、登録から応募・稼働までスマートフォン一台でおこなうことができます。 面接の合否を待たず、空いている時間にすぐに働くことができるのがメリットです。

スキマワークスを通じて働いた店舗で、お店の方々と仲良くなれば、次回以降の応募も採用してもらいやすくなります。 長期雇用のようにシフトにしばられることはなく、ある程度慣れた店舗で不定期に働ける可能性が高いです。

スキマワークスが、ワーカーに提示された報酬から手数料を中抜きすることはありません。 また、店舗にもよりますが、報酬は手渡しであることも多いです。 そのため、手数料を引いた結果報酬が低かったということがないです。

スキマワークスのよくないところ

スキマワークスは2019年にはじまった新しいサービスです。 そのため対応エリアも東京を中心とした関東のみにとどまっています。 また、他の大手求人サイトに比べて求人数が少ないのが現状です。

飲食店特化型の求人マッチングサービスなので、当然ですが飲食業の経験が全くない人には難しく、採用されにくいです。 飲食店以外で働きたい人やほかのお仕事経験がある人は、タイミーなどの単発アルバイト紹介アプリで探すとよいです。

スキマワークスの求人に応募しても、採用・不採用の連絡がないことがあります。 連絡がないまま募集した案件が締め切られていて、どうすればいいのかわからないというケースもあるようです。 逆に不採用になった案件が一覧から消えず、覚えていないと再度応募してしまうことも。 新しいからこそ、システムに不具合があるのがデメリットです。

forapp
sukimaworks-intro
5
いいところ・よくないところ
publicstatus
public