Article Page

yuichi
  • Staff
エコ配フレックス(ecohaiFlex)は実際どのくらい稼げるの?
エコ配フレックスはどのくらい稼げる?
3
forapp

エコ配フレックスは時給制ではなく、荷物を配達した個数で報酬が決まる完全歩合制です。

荷物の単価はその日の状況によって、120円・150円・180円の3段階に変動します。

状況によって多少の変動がありますが、シフトによって割り当てられるだいたいの荷物の数が決まっています。

2時間シフト → 荷物20個(2400円~3600円)
3時間シフト → 荷物40個(4800円~7200円)

時間ぴったりにすべての荷物を配り終えたとすると、時給換算でだいたい1500円~2000円ほどになります。

ちなみに、終了時刻よりも早く配り終えたらその時点で帰ってもOKです。これが時給換算で3000円も可能といわれる理由です。

早く終えるほど時間効率を上げられるのが魅力ですが、追加で荷物を運べるわけではないので、実質的にエコ配フレックスで1日に稼げる金額には上限があります。

時間内に配りきれないとどうなる?

エコ配フレックスは配達した荷物の数によって報酬が決まるので、配りきれなかった分は報酬としてカウントされません。残った荷物をどうするかは選択することができます。

・9:00-12:00の荷物

配達締め切りが14:00まであるので、多少遅延しても大丈夫です。12時の段階で荷物が残っていたら、そのまま残って配達するか、社員さんに引き継ぐかを連絡します。

大体は12時以降になっても最後まで配る人が多いそうです。

・11:00-14:00/16:00-18:00の荷物

配達締め切りが14:00と18:00のため、残って配達することはできません。

配達が遅れていると社員さんから連絡があり、時間内に配り切れるようにいくつかの荷物は社員さんが配ることになります。

配達しきれずに引き継いだり、社員さんが配達した荷物の分は報酬が貰えません。

お金に関するいろいろ

天候、シフト状況、配送状況などに応じて荷物1個当たりの単価が変動する仕組みです。120円、150円、180円の3段階となっています。

変動報酬の金額は、シフト前日の17時〜18時頃に確認することができます。繁忙期は単価が200円になるキャンペーンもありました。

自宅から営業所の距離に関係なく、一律一日500円が全員に支給されます。1日に2つのシフトで働いても500円で固定です。

初回勤務時にユニフォームデポジットとして報酬から2400円が引かれます。フレックス配達員を辞める時にユニフォームを返却すると2400円が戻ってくるので、実質的には金銭的な負担はありません。

エコ配フレックスの報酬は、毎週金曜日締め、翌週金曜日払いとなっています。その際、振込手数料はかかりません。

週ごとに手数料なしで報酬が貰えるのは嬉しいですね!

エコ配フレックス配達員は、雇用契約ではなく業務委託契約となっています。個人事業主として報酬を受け取ります。

よって、振り込まれる報酬からは税金や社会保険料が引かれていません。

給与所得があってエコ配などの副業収入の合計が年間20万円以上、もしくは給与所得がなく年間で38万円以上稼いだ場合は、確定申告を行い自分で税金を納める必要があります。

結局、稼げるの?

エコ配フレックスが稼げるかというと、はっきり言ってけっこう稼げます。時間通りに配達すれば時給1500円~2000円で、早く終わらせれば時給換算3000円も可能です。

ただ、1日中好きな時間に入れるわけではなく、ダブルで入っても5時間が上限です。そもそもシフトに入るための競争率が高くて、これ一本ではやっていけません。

本業が暇な時にピンポイントでやるとか、エコ配の合間にUber Eatsやタイミーをやるなど、空き時間をうまく活用すると効率よく稼ぐことができます!

2020-03-12 16:27
public