menuは経験値システム変更でEXPが稼ぎにくくなってしまった?キャンペーン活用と今後の立ち回りを考察

noshiftデリバリーワーク編集部

menu配達クルーのみなさんはメルマガやアプリ内のお知らせを確認していますか? 

特にメルマガは配達するのにおススメのエリア情報や稼ぐのに有用なキャンペーン情報だけでなく、システム変更や報酬条件変更など、報酬に直結する重要な情報が配信されているので、きちんと目を通しておくことをおススメします。 

そんなメルマガの情報の中でも、過去実施されたキャンペーンについてまとめています。 

キャンペーンの効果的な活かし方やちょっとした工夫、そしてキャンペーンが実装された後のmenuの配達クルーのおすすめの稼ぎ方を紹介してます。 

目次
  1. 6/24 good評価1件につき100expをプレゼント
  2. 8/19 ロング配達応援キャンペーン
  3. 9/10 経験値還元キャンペーン
  4. 通常配達の獲得経験値にも変化が?? 
  5. menuとのおすすめの付き合い方 

6/24 good評価1件につき100expをプレゼント

これまでは、配達1件につき10EXP~50EXPを獲得できる仕組みでしたが、このキャンペーンではgood評価をもらえるたびに追加で100EXPももらうことができます。これはめちゃくちゃデカいですね。

今までは淡々と件数さえこなせばランクが上がっていく仕組みでしたが、丁寧な配達を続けることで件数だけの配達クルーよりも早くランクが上がる可能性すらあるってことですね。

このキャンペーン期間中に、高評価を得るためにちょっとした工夫をしてみました。 

「置き配シート」を使ってみる

「玄関先においておく」という依頼に対して、以前支給された置き配シートを使ってみました。(置き配シートダウンロード

置き配シートは注文者さまが気持ちよく商品を受け取ることができ、高評価やチップにも繋がりやすいアイテムです。

ビニール袋に入っているとはいえ食品を地面に直接置くことに抵抗を感じる方は多く、紙が1枚あるだけで気持ちよく受け取ることが出来る、という方もいるそうです。

置き配シートの印刷コストがもったいなければ、印刷紙ままでも与える印象が全く違います。 

インターホンでのあいさつ時に明るく元気にする

『親しみやすい挨拶や笑顔が好印象なクルーへは、感謝のお言葉をいただくことが多いです。』このようにメルマガにも掲載されていました。

インターホンでの対話はお客様との数少ない接点となるにもかかわらず、相手が見えないためについつい気を抜きがちで、無意識に悪印象になりがちです。 

マスクはしたままでOKなので、あいさつは明るく元気にすることでいい仕事につながります。 

メモの内容を確実に実行する 

『置き配をした際に、インターホンを押してください』や、『マンション入り口のポストの上においてください』など、メモ欄には重要な情報が書いてあることが多いです。 

ほかの部分と比べても文字が小さいので見落としがちですが、要望通りにしてくれた、という体験は高評価に繋がりやすく、かなり重要なポイントになります。 

配達バックをきちんと使う

温かい商品と冷たい商品をいっしょに運ぶ際に、配達バックのように熱の伝達を遮断できるものを使うのはかなり重要です。 

長い距離を運ぶ際だけではなく、短い距離であっても、予想以上に配達時間がかかってしまうことがあり、配達時間が長くなればなるほど、温かい商品と冷たい商品をいっしょに運ぶリスクが高くなります。 

温かい商品は冷めてしまい、冷たい商品はぬるくなってしまうことで、サービスの評価が低下してしまいます。 

防水性能がある配達バックを使えばゲリラ豪雨に見舞われても安心です。 

結果、good4件ゲット!

上記の工夫をすることで400EXPの経験値を獲得できました。(4good/8配達) 

この期間のBadの増加はなかったので、意外とgoodもbadも押さない人、つまり評価をつけない人が多い印象を受けました。

仮にgood率が50%が維持できれば、70回の配達で35goodがもらえるので、獲得経験値は3500EXPとなります。 この経験値はLEVEL17に相当し、ランクは一気にA3(1.28倍)となります。 

こういったキャンペーンが継続して開催、もしくは定期的にでもあれば、配達員のクオリティ向上で注文者の満足度アップに繋がり、配達員も稼ぎやすくなっていいことだらけです。

今のところ6/30以降は似たような経験値がもらえるキャンペーンは実施されていません。(10月1日現在)

8/19 ロング配達応援キャンペーン

条件:総配達距離7km以上の配達1件につき、経験値30expプレゼント! 

8/19の報酬システム変更で、基本報酬に1200円の上限が設定されました。 

この変更に伴い、ピックアップ&ドロップの総走行距離が7.0kmを超える配達1件につき経験値を30EXPがプレゼントされるキャンペーンが実施されました。 

都内23区や横浜駅周辺などのエリアでは7.0kmを超えるロング配達はほぼなく、影響の少ないキャンペーンでした。 

7.0km以上の配達が頻繁にあるエリアでは報酬面におけるマイナスが大きい報酬変更にもかかわらず、ロング応援キャンペーンは2021/08/19(木)~2021/08/25(水)の1週間限定でしかありませんでした。

キャンペーン終了後はただの報酬改悪になってしまったため、配達クルーのmenu離れを促進してしまった懸念があります。 

▼距離料金変更のレポートはこちら

9/10 経験値還元キャンペーン

ユーザー向けキャンペーンの強化により、注文数の大幅な増加が予想され、クルー全員への日頃の感謝を込めて経験値還元キャンペーン。 

キャンペーン①:期間中に配達日数に応じた経験値プレゼント! 

  • 3日間:30EXP 
  • 4日間:50EXP 
  • 5日間:200EXP 

キャンペーン②:期間中の合計配達回数に応じた経験値プレゼント! 

  • 20~69回:配達回数x10EXP 
  • 70回以上:配達回数x50EXP 

今回のキャンペーンはmenuのキャンペーンとしては特殊な部類で、Uber Eatsにある一定の配達回数をクリアすると追加報酬がもらえるプロモーション(クエスト)に似ています。 

Uber Eatsのクエストは副業勢にはむずかしい

Uber Eatsのクエストは、3日間で20回配達など、追加報酬に到達するまでの回数がけっこう多いです。

クエストは専業で配達パートナーをしている人であれば稼ぎやすくメリットが大きいですが、別の仕事をしながら副業でやっている人や、他の配達アプリを掛け持ちしている兼業配達員をしていると、なかなか達成するのが難しい時があります。

1日5件以上を毎日というと、待機時間や最終ドロップから帰宅時間を考えると毎日3時間は確保する必要がありますからね。 

サラリーマンであれば通常業務の後、19時から22時までのナイトタイムを毎日3時間。

menuのように短期であればできなくないですが、Uber Eatsのようにコンスタントにクエストをクリアするのは条件的に厳しいですね。 

menuの経験値還元キャンペーンは誰でも達成できる

経験値還元キャンペーンの①は期間中1日1回でも稼働すればいいので、5日間で5配達すると200EXPをゲットできました。この条件であればだれでも恩恵を受けることができます。

キャンペーン②は期間中に70回以上配達すると最大効率になりますが、仮に5日間で70回配達を行うとすると、毎日14回以上の配達が必要になります。

1時間2件配達とすると1日7時間の稼働となり、専業配達クルーじゃないと達成は難しかったです。

配達回数20回(一日平均4件)であれば、毎日2時間の稼働でも達成でき、副業勢でも恩恵を受けられました。

キャンペーン中に70回の配達を行うと 

20EXP (平均獲得経験値) x70 +200EXP(キャンペーン①)+3500EXP(キャンペーン②)=5100EXPという莫大な経験値を獲得することができます。

通常は200~300回は配達しないと得られない経験値を70回で獲得できる、って考えるとすごさがわかると思います。

LEVEL1からスタートした場合、LEVEL20に到達してランクはA3(1.28倍)となり、別途レベルアップボーナスが6800円もらえます。

ランクが上がるとランクボーナスでそれ以降の報酬が全て上がるため、実はかなり大きなチャンスでした。

ただ、キャンペーンが周知されたのが開始前日で、準備期間がほとんどなく、5日間フルで稼働するのが難しかった、っていうのはありました。 

通常配達の獲得経験値にも変化が?? 

キャンペーン期間中は経験値を獲得できる機会が増えるため、そちらの条件を満たすことに集中してしまい、ついつい通常配達の獲得経験値に無頓着になっていました。

しかしキャンペーン期間が終わってから配達していると、以前よりなんとなく獲得経験値が下がった気がしていました。

そこで、2021年6月24日以降の経験値システム変更前と後で、通常の獲得経験値は変化があったのか、システム変更の影響を分析してみました。 

6月24日の経験値システム変更は、A1以下もランクダウンの対象になる、キャンペーンなどで別途経験値が獲得できるようになる、というのが主な内容でした。

おしらせには「配達ごとにもらえる10~50expはそのままです!」と書いてあったので獲得経験値への影響はないはず、と思っていました。

しかし、実際に稼働してみると20EXPや30EXPが発生しなくなっていて、10EXPと50EXPの両極端になっていました。エリアによっては10EXP以外獲得できなくなったという話も聞きます。

私の場合は50EXPが若干増えてはいるものの、総合的に見ると平均獲得経験値は21.5EXP →18.2EXPで約15%ダウンしてしまっています。  これは以前と同じ配達稼働率であっても、ランクが1~2下がることを意味します。 

A1ランクを維持しにくくなった上に獲得経験値まで下がってしまい、高いランクボーナスを受けるのはますます難しくなってしまいました。これは実質的な報酬ダウンといっても過言ではありません。

menuとのおすすめの付き合い方 

menuも様々な改善をしてきていますが、そのシステム変更に合わせて使い方や配達クルーとしての稼働率を変えていくのがmenuとのいい付き合い方といえそうです。 

2021年6月24日以降のシステム変更やキャンペーンとの付き合い方は下記のようにするのがおすすめです。 

  1. キャンペーン期間まではランク低下を気にせず、他の配達アプリを活用しながらmenu以外の別収入を得る  
  2. キャンペーン期間中の約1週間に集中して配達を行う。(可能なら終日配達を行うのが理想。5日間でおおよそ70回以上の配達が目安) 
  3. キャンペーンボーナスが得られた後は、高いランクでもらえるアップした報酬で最大8週間はmenuの配達クルーを優先的に配達を頑張る。 
  4. 8週間が過ぎるとキャンペーンのボーナスが切れるので①に戻る。 

重要なのは3の期間中の時給換算ですが、3000EXP以上の累計経験値があるので、A3ランクは確保するのが比較的容易になります。 

なので、その下駄を履いた状態の期間中の時給はおおよそ1600円程度まで上昇させることができ、他の配達アプリと比較してもいい条件と言えるのではないでしょうか。 

ただ、問題点としてはこういった経験値キャンペーンは不定期開催で内容も毎回違っているので、いつどのくらい稼働すればいいのか予測を立てづらいということですね。

更なる時給アップのコツとしては、総走行距離の影響が大きいので、依頼を受ける前に長めの走行距離の依頼を受けるようにすることです。 

今のシステムであれば受注前に総走行距離が確認できるので、うまく利用して効率よく稼ぎましょう。