出前館について詳しく

【改定】出前館の単価400円&距離報酬廃止で稼ぎは下がった?1ヶ月稼働して分かった事教えます!

noshiftデリバリーワーク編集部

出前館の報酬が2023年8月1日〜より改定されました。

2023年3月1日にも距離報酬の改定があったのでわずか5ヶ月でさらなる改定となったわけですが、今回の報酬改定では最低報酬が400円に引き下げられるというかなり大胆な変更があります。

報酬改定でどのように変わったのか出前館の配達員では稼げなくなってしまったのか、実際に1ヶ月稼働してみてわかったことを紹介していきます!

目次
  1. 出前館の報酬制度の改定
  2. 新・報酬制度で実際に稼働してみて分かった事
  3. 改定前と改定後の単価比較
  4. 1ヶ月稼働してみて稼げなくなったのか?
  5. 手数料を節約
  6. まとめ

出前館の報酬制度の改定

新・報酬制度(全国一律400円)

2023年8月1日〜の報酬改定では、距離報酬が廃止されて、基本報酬が400円になりました。

  • (旧) (基本報酬+距離報酬) × ブースト
  • (新) 基本報酬400円 x ブースト
報酬改定表
距離改定前改定後
0~0.5km未満600円 400円
0.5~1km未満 630円 400円
1~1.5km未満 650円400円
1.5~2km未満 665円 400円
2~2.5km未満 690円 400円
2.5~3km未満 730円 400円
3~3.5km未満 750円 400円
3.5~4km未満 805円 400円
4km以上 870円 400円

以前は基本報酬が地域によって550円だったり600円だったりしたのが、全国一律で400円になっています。

ただでさえ最低報酬額が下がっているのに距離報酬までなくなるなんて大幅な報酬ダウンになってしまうのではないかと思われましたが、ブースト率が引き上げられて調整されています。

ブーストの計算方法は、配達距離、配達所要時間、注文数と配達員数のバランス、加盟店状況等を総合的に判断して、オーダー毎に決定されます。

以前のようにこのエリアのこの時間は何倍固定、っていう感じではなくなったので、どこで何時に稼働するかを事前に決めにくくなったとは言えるかもしれません。

新・報酬制度で実際に稼働してみて分かった事

今回の報酬改定で実際に1ヶ月稼働してみて、報酬改定でどう変わったのか検証してみました。

ブースト1.5倍以上で単価600円越え

報酬改定で単価が下がってしまうかと思ったのですが、実際にやってみるとそこまで金額感は変わっていませんでした。

というのも、最低でもブースト1.5倍付き、ほとんどが単価600円以上だったためです。

上の図は、旧報酬制度と新報酬制度の報酬比較になります。

だいたい同じ距離のオファーで比較してみたところ

  • 基本報酬:600円→400円(-200円)
  • 距離報酬:65円→0円(-65円)
  • ブースト:97円→308円(211円)

という感じで下がった分がブーストで相殺されて、どちらも700円台だったので、心配していたような劇的な下がり方はしなかったです。

今のところ新報酬制度が始まって1ヶ月経ちますが、1km以上のオファーはほぼ600円以上が保証されているといっていい状態です。

ブーストは出前館側がいくらでも調整できるはずなので、今後は徐々に下がっていく可能性がないとは言い切れないですが・・、改定直後の1ヶ月間ではほとんど下がっていないといっていいレベルでした。

1km未満のオファーは600円以下が多い

私は関東で稼働していますが、以前はどんなに短距離でも報酬単価が600円以下になる事はなかったです。

しかし、今回の新・報酬制度になってからは、1km未満のオファーは600円以下のスタートのものが多いという事が分かりました。

上の図は実際に飛んできた、1km未満のオファーになります。

10件程オファー受けてみましたが、全て1.4倍ブーストでスタートしていて、報酬金額550円〜600円のものが多かったです。

550円くらいでスタートですが、誰も取らず拒否されていけば600円、700円と値段は吊り上がってはいきます。

僻地案件など安い金額ではわりに合わない場合、拒否して納得いく値段になってから取るのはありでしょう。

Uber Eatsの雨クエストを意識したブースト率

Uber Eatsの雨クエストが出てる日と出てない時で、ブースト率が全然違う傾向にありました。

  • 雨クエスト出てない日(平日)
  • 1.3km:614円(x1.535)
  • 1.7km:678円(x1.702)
  • 2.3km:797円(x1.994)
  • 雨クエストが出てる日(平日)
  • 1.4km:921円(x2.303)
  • 1.9km:1001円(x2.503)
  • 2.2km:1112円(x2.781)

Uber Eats で雨クエストが出てる日が5回ほどあったのですが、いずれも出前館でも高倍率ブーストが付いていました。

そもそも雨の日は出前館もUber Eats も同じように需要が上がるので当然ではあるんですが、高額ブーストを狙いたい時はUber Eats の雨クエストが目安になるんじゃないかと思います。

Uber Eats の雨クエストは12回に設定されていて、その時間はUber Eats に集中する人が多く出前館のオファーが浮きがちになります。

出前館配達員が少なくなることもブーストが高くなる要因のひとつとして考えられるので、あえて出前館オンリー稼働で高額ブーストを狙うのもアリだと思います!

代引きオファーはブースト率高め

事前決済オファーのものと比べて、代引きオファー(現金決済)はスタート時のブーストが少し高い傾向がありました。

上の図は、事前決済オファーと代引きオファーと比較したものになりますが、ほとんど同じ距離のオファーでも50〜100円程金額が高いことが確認できます。

すでに拒否されて蹴られているためかもしれませんが、経験上は現金決済の方が高い傾向があるので、少しでも稼ぎたい方は現金ONにして稼働する事をオススメします。

改定前と改定後の単価比較

距離別オファー比較(サンプル表)

距離別オファー比較表(ピーク)
距離改定前改定後
0.5~1km未満682円605円
1~1.5km未満708円906円
1.5~2km未満841円985円
2~2.5km未満705円1032円
2.5~3km未満767円1254円
3~3.5km未満975円1334円
距離別オファー比較表(オフピーク)
距離改定前改定後
0.5~1km未満632円589円
1~1.5km未満652円807円
1.5~2km未満665円858円
2~2.5km未満690円749円
2.5~3km未満730円729円
3~3.5km未満890円813円

上の図は飛んできた最初の金額の距離別オファー比較(平日)になります。※あくまで一例です

パッと見て分かるようように全体的に改定後の方が単価が上がっているのが分かると思います。特にピーク帯の単価は、改定後の方が高かったように感じました。

2km以上のオファーは最初に飛んできた段階からブーストが2.5倍以上ついていて1000円以上と高く、逆に1km未満のオファーに関しては、550円〜600円くらいと改定前より低い単価になっている事がほとんどでした。

土日のデータはまだ集められてないのですが、土日でピークタイムだと1500円以上なんていう高額オファーも結構飛んできたりしていました。

土日のピークは改定前より高くなることもあり、高額報酬の狙い目だと思います!

1ヶ月稼働してみて稼げなくなったのか?

結果:変わらず稼げる

フードデリバリー界隈では報酬改定があると稼げなくなってしまうのが経験則としてあったので、今回もまた報酬ダウンかと思っていたのですが・・。

1ヶ月稼働してみたところ、報酬改定前と変わらず稼ぐことができました!

改定前・改定後の売上比較
改定前改定後
15日間売上37000円33000円
件数50件41件
基本報酬約30000円約16000円
距離報酬約3600円0円
ブースト報酬約3900円約16700円
1件あたり平均単価740円804円
1件あたり平均距離1〜2km距離1〜2km距離

15日間の売り上げを改訂前と改定後で比較してみました。

件数は50件以下で距離も1〜2kmのオファー限定になりますが、1件あたりの平均単価は改定前は740円に対し、改定後は804円となり、報酬改定によって少し上がった結果になりました。

距離報酬がなくなり、基本報酬も400円と改悪かと思いましたが、ブースト報酬を4倍近く上げて調整しているようです。

将来的には徐々にブーストを下げる可能性はあるので、ブーストが下がってない今のうちに稼いでおくのをオススメします!

手数料を節約

出前館の報酬の際には振込手数料が発生します。

  • 3万円未満:220円
  • 3万円以上:440円

月2回で毎回3万円以上だと、毎月880円かかってしまう計算になります。毎月続くとしたら、なんと年間10,560円にもなります。

報酬を振り込まずにストックすることはできず自動的に入金されてしまい、その度に手数料を取られるのはけっこう痛いです。

1回ずつはそれほど高くなくても、1万円稼ぐのに何回配達すればいいのか、って考えると決して無視できない金額ですよね。

三井住友銀行であれば振込手数料が無料になるので、少しでも節約して収入を増やすために、口座を開設することをオススメします。

お得に口座開設する裏技

三井住友銀行に口座開設する時に使える、最大4000円得するテクニックを紹介します。

モッピー経由で最大3000円

モッピーは、ネット上でサービスを利用したり、物を購入する時に利用すると、ポイントがもらえるサイトです。

三井住友銀行の口座開設する時にモッピーを経由するだけで、1500円分のポイントがもらえます。検索などで行くと何ももらえませんが、モッピーを通すだけで1500円もらえるのでやらなきゃ損です。

三井住友銀行Olive口座開設(モッピー)

さらに、クレジットカード機能も付けると3000円分に増額します。ただ、こちらは審査が通らないとポイントももらえないので注意です。

三井住友銀行Oliveフレキシブルペイ(モッピー)

三井住友銀行(Olive)の紹介プログラム

Oliveアカウントの紹介プログラムにエントリーすると、1000円分のVポイントがもらえます。 条件として翌月末時点で口座に1万円以上の残高がないといけないのですが、配達報酬でそのくらいは達成できるでしょう。心配な場合は自分で入金しておくと良いです。 アカウント作成と紹介コード入力は前後しても問題ありませんが、アカウント作成の翌月末までにエントリーが必要になります。 以下の紹介コードをエントリーフォームに入力するだけでOKです。 紹介コード:SF00149-0071028

まとめ

今まで出前館は何度も報酬改定を繰り返してきました。

改定直後は少し単価は上がるようにして、配達員を集め、徐々に単価を下げる傾向にあります。

今回も、真夏の8月という繁忙時期での改定なので、注文量も多く配達員を集めるために一時的に単価を上げている可能性は否定できません。

これから秋につれフードデリバリー業界は閑散期に向かい、涼しくなって需要も減り配達員も飽和状態になって、単価も下がって来ると私は予想しています。

専業と副業で稼働の仕方は違いますが、その時にどのようにして立ち回るのかを想像しながら、他社との並行稼働も視野に入れつつ稼働する事をオススメします。

その他のオススメ記事