青森市のUber Eats 配達パートナー体験談【副業として最高】

noshiftデリバリーワーク編集部

青森市のUber Eats(ウーバーイーツ)は2021年7月から始まりました。青森市では出前館Woltが先行しており、Uber Eats は最後の登場でした。

私の本業は安定しているものの決して高給ではなく、このままでは年金も少ないため70歳になっても引退できないと気付きました。今のままでは一生労働だと焦り、収入アップを狙ってフードデリバリーを始めました。

好きな日と時間に働けて結構な収入を得られるため、副業としては最高の仕事だと感じています。稼いだお金は積立投資で育てています。

この記事では、青森市内のUber Eatsの状況、稼ぎ方やコツ、注意点などを紹介します。

プロフィール

本業は事務職の40代男性です。フードデリバリー歴は約10カ月(Uber Eats とWoltで稼働中)。車両は軽貨物で、累計2,500回以上配達しています。

  • 青森市のWoltに関する記事はこちら
目次
  1. 青森市で稼げるエリアは? 特徴を解説
  2. 春は注文激減。青森市のUber Eats の展望は?
  3. 稼働前に準備するのは乗り物とバッグ
  4. 持っていると便利なアイテム
  5. 最後に

青森市で稼げるエリアは? 特徴を解説

青森市は自転車泣かせ。人気店を分断する橋の数々

中央大橋
中央大橋

青森市エリアは北側と南側を分断するように線路が通っている為、大きな橋(主に中央大橋・八甲田大橋)を跨ぐ配達が多いです。

南側にはマクドナルド2店舗(サンロード店・イトーヨーカドー店)やモスバーガー大野店、北側の青森駅前には吉野家青森駅前店やチェーン居酒屋(千年の宴・魚民・笑笑・山内農場等)が集中しており、高確率で橋を跨ぐ事になります。

他にも大小の橋が多数存在し、自転車での配達は苦労を強いられます。

イトーヨーカドー青森店
イトーヨーカドー青森店

ただし、イトーヨーカドー付近は渋滞が多く駐車場も少ないので自転車が有利です。イトーヨーカドー内には人気店のケンタッキーもあり自転車配達員をよく見かけます。

橋渡りに疲れたら休もう。飲食店付近はベンチや公園多数

柳町通りには多数のベンチが設置されている
柳町通りには多数のベンチが設置されている

柳町通りは配達員の待機場所に適しています。北側飲食店の密集エリアに近く、ベンチも多数設置されているので、配達員の待機場所や交流の場になっています。

但し、自動車は駐車違反になるので注意してください。

青い森公園に隣接するセブンイレブンも交流の場となっていましたが、夜間は少々治安が悪く、あまり集まらなくなったようです。

西側はやや難点。しかし独占を狙えるかも

すき屋青森西店付近
すき屋青森西店付近

西側はマクドナルド青森西店が人気店です。すき屋青森西店も人気ですが、他に目立った人気店が無く、大きな橋も複数あるため自転車での稼働は難点があります。

しかし、昼時のマクドナルドは注文が多いのに西側は配達員を殆ど見かけないので、注文を独占できる可能性があります。

マクドナルド一店だけでも独占すれば相当な売上が見込めます。ご自宅が西側でしたら挑戦する価値ありです。

夜間は繁華街の注文が増えるが…

青森駅前
青森駅前

青森駅前は人気店が集中していて夜間は主戦場です。夜は居酒屋系のお店につまみや焼き鳥等の注文が増えます。もつ鍋や油そば等の零れやすい注文も増え、配達員泣かせの時間です。

青森駅前の歩行者は多くないですが、本町側は歩行者が多く街灯も少ないので、運転には細心の注意が必要です。特に自転車は反射グッズを多用して事故を防ぎましょう。

酔った歩行者も多いので、大きく距離を空けて運転してください。

春は注文激減。青森市のUber Eats の展望は?

注文の総数自体は減っていない

フードデリバリー業界では、春と秋は閑散期と言われています。実際4月になって大幅に注文が減りました。

しかし、いくつかの人気店に尋ねたところ「注文が減った印象は無い」とのこと。春になって配達員が増えただけで注文自体は減っていないようです。

つまり、悪天候で配達員が少ない日を狙うなど、根気よく稼働を続ければまだまだ稼げるということです。

経験を積めば売上アップを狙える

フードデリバリーを続けていると、徐々に注文が見えるようになってきます。

例えば、暑い日はラーメンやカレーの注文が増えるのがわかります。経験を積むと肌感覚で注文が読めるようになってくるので、より稼ぎやすくなります。

また、バッグへの積み方、裏道の把握、飲食店ごとの独自ルールや対応方などを覚えることで、細かい時間短縮が狙えます。小さな積み重ねですが、徐々に多く注文を取れるようになり、同じ売上でも自由時間が増えていくので楽しくなってきます。

現金支払に対応したらまだまだ伸びる?

2022年4月現在、青森市エリアは現金支払に対応していません。フードデリバリーを初めて利用されるお客様は現金支払を希望する場合も多く、この需要は拾えていない印象です。

逆を言えば、現金配達に対応したら注文がさらに増える可能性があります。

フードデリバリーはまだまだこれから

フードデリバリーに興味を持たれた方は「コロナ禍で利用者が増えたのだろうから、それが終わるまでしか稼げない。今からでは遅い……」と思っているかもしれません。筆者も「きっと今だけだ。稼げるうちに稼ごう」と焦って飛び込みました。

しかし実態は違っていました。注文内容を見ると「飲食店に行くのが怖いから」ではなく「外に出るのが面倒だから」という人も多いのを感じ取れるはずです。複数の配達員も同じ印象を持っていると話しています。

最近では、ローソンが対応した事で日用品配達も増えてきました。つまり、フードデリバリー業界の需要はまだまだ続くと思います。

副業組は要注意!! ナイショの副業は困難かも

Uber Eats 配達パートナーは、自分の顔写真を登録します。

この顔写真はプロフィール写真となり、飲食店やお客様も閲覧できるので、本業にナイショでUber Eats は少し難しいと思います。

(都会ならまだしも、青森市は狭いですから……)

  • 登録の流れはこちらで解説

稼働前に準備するのは乗り物とバッグ

とりあえず自転車でスタート

手持ちの自転車で始めれば初期投資が安く済みます。いわゆるママチャリで配達している方もいますが、本格的なロードバイクやクロスバイクで配達している方もよく見かけます。

また電動アシスト自転車なら長距離や橋渡りも楽になるのでおすすめです。

自転車の配達パートナーは、休みを利用した大学生が多い印象です。話を聞くと、働きたい時間に働けるから友達や恋人と時間を合わせやすいと言っていました。

どのバッグを使うか?

Uber Eats は配達バッグを自分で用意する必要がありますが、公式サイトで販売しているUber Eats 公式バッグ(通称ウバッグ)を買えば間違いありません。

他社製は割高なうえ、ピザやオードブル等の大きな商品を入れられないバッグが多いからです。ウバッグはいわゆる「しゃくれ」の形状で、大きな商品を入れる想定で作られています。

ただし、ファストフードなど小さい商品がメインの場合は、Amazonなどで販売されているノーブランドの小型バッグでも稼働は可能です。

持っていると便利なアイテム

Uber Eats のキャップ

義務ではありませんがUber Eats キャップを強くおすすめします。

飲食店で商品を受け取る際、一目で配達パートナーだとわかるので優先して対応してくれたりします。Uber Eats 公式バッグにもロゴは付いていますが、店内では邪魔になるので持ち込まない事も多いからです。

ダイワロイプラネットホテル前
ダイワロイプラネットホテル前

ホテル入口でお渡しする案件では、キャップを被っているとお客様が気付いてくれるのでスムーズにお渡しできます。

ちなみに、ダイワロイネットホテルやリッチモンドホテルは入口渡しが多いです。部屋番号を知られたくないからでしょうか?

サバイバルシート

サバイバルシートでバッグ内の隙間を埋める
サバイバルシートでバッグ内の隙間を埋める

小さな商品はバッグ内で暴れるので固定する必要があります。タオルでも良いのですが、サバイバルシートで十分固定できると思います。

タオルはスペースを取るうえに意外と重いですが、サバイバルシートは非常に軽量で、折りたたむとコンパクトです。また商品を包んで保温することもできます。

ただし、自転車で稼働する場合はバッグが揺れやすいので、タオルも併用してガッチリ固定すると良いでしょう。

モバイルバッテリー

Amazonで購入Anker PowerCore 10000 (10000mAh 大容量 モバイルバッテリー)【PSE技術基準適合/PowerIQ搭載】

基本的にスマホとセットと考えてください。Uber Eats アプリはバッテリー消費が激しく、しかもグーグルマップとの併用が基本になるのでより消耗します。

バッテリーは5,000mAhで足りると思いますが、ガッツリ働く日は10,000mAhも検討してください。あと、地図アプリは通信量が多めなので通信プランも確認しておきましょう。

最後に

青森市でのフードデリバリーは、本業としては少し厳しいと思いますが、副業でお小遣い稼ぎ程度ならちょうど良いと感じています。

  • 仕事の人間関係に悩みたくない
  • 少し収入を増やしたい
  • 運動不足を解消したい

これらを全て解決してくれる仕事です。ニュースで悪く言われる事もあるけど、多くの配達員は楽しくやっています!

なお、気軽に始められ、高い技術を要することはありませんが仕事は仕事です。配達中は常に見られている緊張感を持ち安全運転で配達しましょう。

お客様からお礼を言われた時は、やっぱり気持ちの良いものです。丁寧な配達も心がけましょう。

 

その他のおすすめ記事